イベントや大切な思い出はカメラで記録したあと、レコーダーで再生したり、プレゼントにしたりしたいですね。カメラに保存したままにすればメモリも足りなくなります。それなら、撮影した動画はDVDに保存することをすすめます。

こうした場合、映像をDVDディスクのデータ構造に従うDVD-Video形式に変換する必要があります。実は、市販やレンタルのDVDムービーもDVD-Videoのデータ構造を採用しています。この記事では、DVD-Videoとはなんですか、DVD-Video形式に作成するツールと方法をご紹介します。

DVD-Video形式とは

DVD-Videoの紹介に入る前に、自作映像をDVDに書き込むために、DVD-Videoなど光ディスクメディアの原理を詳しく探究しなくてもいいと言っておきたいです。DVDFab DVD 作成などプロなソフトを使えば、ワンクリックだけで映像を自動で光ディスクメディアに書き込むことができます。でも自分で人気な無料ツールを使ってDVDを作成したい方や、DVDの原理と仕組みをもっと知りたい方なら、DVD-Videoに関しての基本知識を知ることがおすすめです。

 Windows版を無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)
 Mac版を無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)

DVD-Videoとは映像、音声、字幕、メニューなどをDVDに納めるためのアプリケーションフォーマットです。ホームムービーに加え、市販やレンタルの映画DVDもDVD-Videoの形式です。もっとも広く応用されている形式です。DVDビデオ形式に対して、DVDレコーダーで記録したテレビ番組などは普通DVD-VR形式です。

DVD-VRとDVD ビデオ 形式の違い

DVD-Video

DVDビデオは、市販やレンタルの映画ディスクと互換性を持つDVD記録方式です。またはDVDのVideo記録モードと言います。このビデオモードで記録したDVDは普通に普及したDVDプレーヤーで市販DVD映像と同じように再生することができます。DVDレコーダーの全部の機種での再生することも可能です。再生互換性が高い一方、テレビ番組の録画には対応できないということです。

原因というと、著作権保護技術のCPRMに対応してないから、コピーや複製が制限されているデジタル放送の録画ができません。例えば、地上デジタル、BSデジタル、110°CSです。 また、DVDに記録した後、一部分削除などの編集もできません。

DVD-VR

VRモードは、DVDレコーダーでテレビをDVDに録画するための専用形式です。DVD-VRモードともいいます。テレビ番組をDVDに録画するために、CPRM対応の専用ディスクを買う他、DVDレコーダーでDVDディスクの初期化をするとき、DVD-VRモードに設定する必要もあります。DVD-VRモードの利点はファイナライズの操作しない限り、テレビ番組をいつでもDVD-VRディスクに追記することができます。デメリットは録画済みのDVD-VRディスクはCPRM機材、例えばDVDレコーダーでしか再生することができません。

CPRM対応メディアへのデジタル放送の録画、2カ国語放送の両音声の記録、部分削除のような編集、プレイリストの作成、フレーム単位の編集、普通にはファイナライズ不要というような利点がありますので、使いやすくなっています。

DVD-Video形式を作れる完全無料なフリーソフトをご紹介

まずは、自分がどんな機能を求めるかという問題を考えてから、MP4 DVD書き込みフリーソフトを選択したほうがいいと思われています。

例えば、DVDに書き込んだ後、家庭用DVDプレーヤーで再生できたいますか。入力/出力フォーマットがサポートされていますか。必要なオーサリング機能がありますか。そのほかに、特別に自分のこだわりがありますか。以上のような問題を考えて、ソフトをダウンロードしましょう。では、フリーソフトを皆さんにおすすめします。

DVD Flick

http://www.DVDflick.net/download.php

  • 対応OS:Windows XP/Vista/7/8/8.1/10
  • 製作者:Dennis Meuwissen
  • 入力形式:AVI、MPEG、MP2、MP3、MPEG-4、MP4、MKV、MKA、OGM、Oggなど
  • 出力形式:DVDディスク
  • 料金:無料

DVD Flickは複数の動画ファイルをDVDに保存する無料ソフトです。その上に、さまざまな動画を簡単に編集してDVDに保存することができます。英語版ですが、日本語化にして利用することができます。編集と言ったら、簡単なメニュー画面の設計をしたり、字幕や音声ファイルの多重化をしたり、チャプターの設定などの効果が付けられます。昇進者にも便利に使い安いソフトです。

DVDStyler

https://www.DVDstyler.org/ja/

  • 対応OS:Windows 10 / 8 / 8.1 / 7 / Vista
  • 製作者:Alex Thuring
  • 入力形式:AVI, ASF, WMV, FLV, MP4, MPEG(MPEG-1 / MPEG-2, DV, VOB, M2TS, MKV, WebM, OGG, OGM, RM, MOV
  • 出力形式:DVD、ISO
  • 料金:無料

DVDStylerは、Windows・Mac OS XとLinuxに応じて、多くなニーズに対応できるソフトです。最も特別なのはメニュー画面付きを複数個作成して、DVD データに変換することができる機能です。そのほかに、作成したDVD データをライティングしたり、音声や字幕を多重化したり、ISOイメージファイルを作成することができます。

日本語に対応するのはもちろん、英語や韓国語、中国語、フランス語など三十種類以上の言葉をサポートすることができます。一番便利なのは、DVDのテーマによって、誕生日や結婚式、自然などDVDメニュー用テンプレートを選ぶことができます。

今回初心者向けのために、一般的な使い方を説明しましたが、実際は本格的なDVDを仕上げるように多くの設定があります。

WinX DVD Author

https://www.winxDVD.com/DVD-author/index-ja.htm

  • 対応OS:Windows10 / 8.1 / 8 / 7 (32 & 64 bit)
  • 入力形式:MKV、AVI、MP4、MPEG、MOD、MOV、WMV、FLV、RM、RMVB、Xivd、DviX、H264など
  • 出力形式:DVDディスク、ISOイメージ、DVDフォルダ、VOBファイル
  • 料金:無料

WinX DVD Authorは無料なのに、機能が豊かなソフトです。動画から画像の抽出とか、動画の字幕を加えるとか、チャプターを追加とか、さまざまな動画を編集することできます。そのほかに、YouTubeから動画をダウンロードできることがあります。使いやすさが抜群で、作成したDVDはPCだけでなく、家庭用DVDデッキ、DVDプレーヤー、レコーダーなどでも再生することができます。

DVD-Videoを作ったあとImageBurnでDVDに書き込み

注意したいのはDVD-Videoを作り上げたまでの作業はDVDオーサリングの段階です。つまりDVDディスクのデータ構造に合致する形式を作る段階です。続いては物理的なDVD作るなら、書き込みのソフトでDVDディスクに書き込む必要もあります。最も人気で使いやすいオーペンソースのツールはImageBurnです。

ImageBurnを起動したあと、「ディスクにファイルやフォルダーを書き込む」を選び、そして提示通りにDVD-VideoのフォルダーをDVDディスクに焼き込むといいです。

DVD書き込みが出来たら、放置するときは下の注意事項があります。

DVDビデオディスクの二つの面が直接に触らないでください。指紋や汚れ、傷などをつけないようにしてください。高い温度と湿度の場所も避けて下さい。ディスクが汚れてしまった時は、柔らかい布でうちから外の方向で放射状に軽く拭いてください。

DVDFabでDVDビデオを作ってDVDを作成する方法をご紹介

前に紹介したように、プロなDVD作成ツールを使えば、DVDの作成はもっと簡単になります。

DVDビデオを作る実例をあげて手順はもっと理解やすいかもしれません。では、DVDFab DVD作成を利用する方法をご紹介します。参考になればよろしいです。

STEP1: DVDFab DVDの作成を開始して、ビデオを入力

DVDFabのボタンをダブルクリックして、表示された画面で「作成」を選んで、左側の作成モードスイッチャーをクリックして、作成モードをDVD作成にしてください。メインインタフェースにおける「+」ボタンをクリックしてから、または動画ファイルをメインインタフェースにドラッグ・アンド・ドロップして、ソースをダウンロードします。

STEP2:出力DVDをカスタマイズ

ソースのダウンロードが完了の後、レンチアイコンをクリックして、出力サイズと品質などの詳しい設定を調整することができます。

STEP3:動画からDVDを作成し始める

出力先を設定してから、「開始」のボタンをクリックすると、動画からDVDへの作成プロセスが始めます。物理ディスクの作成が必要であれば、提示通り、DVDディスクをPCに挿入すればいいです。