1. DVDをUSBにコピーするメリット

dvd usb

DVDデータをUSBメモリーにコピーすると、主に3つのメリットが得られます。

【USBメモリーにDVDデータをコピーするメリット3選】

1.    光学ドライブ非搭載のパソコンでも動画を楽しめる
2.    ギガバイトからテラバイトまで大容量を保存できる
3.    コンテンツをコンパクトに持ち運びしやすい

以下では、各メリットを徹底解説します。

1.1 光学ドライブ非搭載のパソコンでも動画を楽しめる

USBメモリーにDVDデータを保存すれば、USB接続端子に対応したメディアで動画再生が可能です。DVDで動画を再生する場合、必ず光学式ドライブが必要になります。しかし、今日では光学式ドライブが非搭載のパソコンが販売されていることも珍しくありません。光学式ドライブを購入するには追加費用がかかる上に、後付けのものは場所を取るため邪魔になる可能性もあります。

一方のUSBメモリは、手のひらに収まるコンパクトなサイズでありながら大型の動画データも保存が可能です。USBメモリならばUSB端子があるパソコンはもちろん、対応端子付きのプレイヤーで、気軽にどこでもコンテンツを楽しめます。

端子付きのプレイヤーは多く、互換性の高い動画形式にファイルを変換しておけば、よりたくさんのメディアで好きな動画を鑑賞できることでしょう。

1.2 ギガバイトからテラバイトまで大容量を保存できる

DVDと比較して、USBメモリは保存容量の大きいメディアです。多くのDVD・ブルーレイディスクは、約650MB~100GBほどの容量しかありません。そのため、映画などの動画データをたくさん保存するのは難しい傾向にあります。

容量の多い製品は値段も高くなるため、画質のよい動画や三部作などを保存するのにコスパがかかるのも難点だといえるでしょう。一方、USBメモリの保存容量は約1GB~約数十GBと非常に大きい傾向にあります。小さくて軽くかさばらないボディが特徴のUSBメモリですが、その保存容量はDVDメモリより圧倒的に多いのです。

より多くの動画をメディアに保存したり、画質のよい動画を鑑賞したい方に、USBメモリはおすすめだといえます。

1.3 コンテンツをコンパクトに持ち運びしやすい

USBメモリは、コンテンツをコンパクトに持ち歩きやすい記録媒体です。DVDは丸く大きなディスク形状であり、ケースに入れてもかさばるためたくさん持ち歩くには向きません。また、割れやすい素材でできているため、持ち歩きにはリスクが伴うメディア媒体であるといえるでしょう。

一方のUSBメモリは手のひらに収まるコンパクトサイズであり、財布やポケットなどに入れて気軽に持ち運びができます。落としてもDVDのように衝撃で割れることがないため、持ち歩く際の安全性も高いといえます。

2. DVDをUSBにコピーする方法3選

dvd usbコピー

DVDをUSBにコピーする方法は、主に以下の3つです。

1.    USBに直接DVDデータを取り込む
2.    ISOイメージファイルに変換し取り込む
3.    DVDの中身を動画形式に変換し取り込む

以下では、それぞれの方法の詳しい手順や、使用に適したケースを紹介します。

2.1 自作DVDをUSBにコピーする方法

DVDをUSB保存

自作DVDや事前に暗号化を解除したDVDなら、パソコンでDVDのデータをUSBに直接データを移動させることも可能です。その手順は、以下の通りです。

【USBに直接DVDデータを取り込む方法】

1.    DVDディスクとUSBメモリーを各対応ドライブに挿入する
2.    PCでDVDドライブを右クリック
3.    「開く」を選択すると、Ctrl + Aを使ってすべてのファイルを選択するか、あるいはCtrl +左クリックで目的のファイルを手動で選択する
4. 表示されたデータをコピーし、USBのデータ領域に貼り付ければコピー完了

データを読み込みコピー・貼り付けを行うだけで簡単にデータ転送ができるのが、この方法のメリットです。しかし、この方法ではコピーガードがかかったDVDをコピーできない点には注意しましょう

2.2 市販のDVDをUSBにコピーする方法

市販のDVDにコピーガードが付いているので、DVDをUSBに取り込むするには、コピーガード解除機能を備えているDVDコピーソフトを使用する必要があります。DVDコピー用ソフトウェアの中でも、「DVDFab」はおすすめです。全世界で利用実績のあるこのソフトは、ディスクのデータ抽出やコピーが簡単にできます。

DVDFab DVD コピーは、最新AVコピーガードを含み、市場ではほとんどすべてのDVD コピーガードを解除して中のコンテンツを直接に空白のDVDメディアにコピーしたり、DVDフォルダまたはISOイメージファイルとしてハードディスクにリッピングしたりすることができます。今では、30日間の全機能無料体験期間中では全機能自由に使用可能できるほか、50%OFFの値引きで製品を購入することもできます。
 

DVDFab DVD コピーでDVDをUSBにコピーする手順

1.    まず、DVDFabの最新バージョンダウンロードしてインストールお使いのパソコンにインストールしてみましょう。

      下記のボタンを押せば、この最強のDVDコピーソフトを無料体験できます👇

 Windows版を無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)
 Mac版を無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)

2.   

DVDをドライブに挿入して、USBをPCのポートに挿入します。DVDビデオが成功に読み込まれたら、

ソフトウェアを進行させて、DVDドライブとUSBスティックとして入力場所と出力場所を選択します。 中間には、リッピングを使用してDVDのコンテンツをUSBにシームレスにコピーするためのステップがあります。リッピングはDVDの保護を解読し、DVDに既にエンコードされているフォーマットでDVDをUSBにコピーした後、メディアプレーヤーが再生できるMP4またはAVIのようなフォーマットにデコードし、そのファイルを出力場所またはUSBにコピーします。実際の状況によっては、コピーしようとする前にUSBスペックのスペースを確認する必要があります。

現在128GBのサイズになっているペンドライブの古いDVDからご自分のものに運ぶのを可能にするの方法が多くあります。したがって、それらを快適に保管し、ハードディスクにデジタルファイルとして保存するのもできます。こうして、DVDドライブ要らなくても自由にDVDのコンテンツを鑑賞できるので便利でしょう。

DVDをISOイメージファイルに変換してからUSBに取り込む方法

市販DVDを取り込むのにおすすめなのが、DVDをISOイメージファイルに変換してからUSBに取り込む方法です。

【DVDをISOイメージファイルに変換し取り込む方法】

1.    専用のDVDコピーソフトウェアを用意する
2.    DVDディスクとUSBメモリーを各対応ドライブに挿入する
3.    コピーソフトを起動しソースから「DVD」を選ぶ
4.    DVDを読み込んだら「ISO形式で保存」を選ぶ
5.    コピーモードを指定する
6.    できたデータをUSBに保存すればコピーが完了する

ISOデータへ変換後に保存する方法には、DVDコピー用ソフトウェアが必要です。無料でダウンロードできるものもあるので、市販のDVDをUSBにコピーする際には必ず好みのソフトを用意しましょう。

DVDの中身を動画形式に変換し取り込む方法

DVD用のリッピングソフトを使い中身を好みの動画形式に変換する方法も、USBにDVDのデータを移し替える際には効果的です。

DVDFab DVD リッピングは、市販のDVDムービーから目的のデバイスで再生可能な動画に変換する為のDVDリッピング・DVD変換ソフトです。特に市販のDVDムービーは、通常の手段では動画変換できないよう暗号化(DVDコピーガード)されています。この暗号化も同時に解除し、動画変換します。出力対応フォーマットは、MP4/AVI/FLV/MKV/MP3/M4A/WMAなど幅広くカバーしています。

 i  無料ダウンロード    i  無料ダウンロード  

その手順は、以下の通りです。

【DVDの中身を動画形式に変換し取り込む方法】

1.    好みのリッピングソフトを用意する
2.    DVDディスクとUSBメモリーを各対応ドライブに挿入する
3.    ソフト内の「リッピング」をクリックし、DVDを読み込む
4.    好みの取り込み設定を選択する
5.    保存先をUSBメモリーに設定し、ボタンを押してリッピングを完了させれば完了

DVDを動画形式に変換しUSBに保存すれば、さまざまなメディアプレイヤーでDVDの映像を楽しめます。変換形式はMP4・MOV・WMV・AVIと多種多様なので、再生したいメディアプレイヤーに合わせたものを選択しましょう。

DVDをUSBにコピーする方法1の結論

他にはいくつかのDVDをUSBにコピーする方法もあります。そのうちの一つがDVDをUSB対応形式にリッピングすることです。 それは、一部のDVDリッピングソフトウェアがプリセットのリストに定義済みの項目として保持する独自の機能です。後で使用できるように出力ファイルをフォーマットする必要があります。 DVDにISOファイルが含まれている場合や、コンテンツをISOイメージとして保存したい場合もあります。ニーズによっては、DVDをUSBにコピーする前に、Blu-ray品質、HD品質などに変換したい場合があります。

これは前に説明した中間ステップを使用して行うことができ、ソフトウェアによって提供されるドロップダウンメニューから簡単に選択できます。別のケースでは、USBスティックを選択することができます。DVDリッピングソフトは、手動で設定することを要求せずに自動的に適切な形式に変換できます。

動画のコピーだけではなく編集作業も可能なので、動画編集を行いたい方にもこのソフトは適しているといえるでしょう。

以下では、DVDFabの魅力を徹底解説します。

DVDコピーガードを簡単に解除できる

DVDFabはDVDをさまざまな映像形式にリッピングできます。厄介なコピーガードの解除も、DVDFabならたったの数秒で完了します。
その後リッピング処理できるファイルの種類は約1000種以上であり、無料版が存在するソフトのなかでも非常に多いです。

通常ソフトの約50倍の速度でDVDを処理できる

DVDFabには、ハードウェアアクセラレーションが搭載されています。ハードウェアアクセラレーション搭載のソフトウェアは、通常ソフトと比較して処理速度が約50倍ほど速いです。

市販やレンタルの再生時間2時間程度のDVDならば、たったの5分で変換が完了します。このソフトにはバッジ処理機能も搭載されており、タスク完了後には登録した次のタスクが自動的に開始されます。複数のタスク処理が自動的になされるため、DVDを効率よく変換可能です。

6つの編集機能を搭載

DVDFabには、以下の6つの便利な編集機能も搭載されています。

【DVDFabの便利な編集機能6つ】
1.    トリミング:動画の不要部分をカットする
2.    クロップ:動画を指定したアスペクト比にクロップする
3.    水透し:動画内にテキストや画像の透かしを追加する
4.    外部字幕:動画に指定した4種の形式字幕を追加する
5.    結合:複数のDVDビデオを1つに結合できる
6.    色補正:動画の明るさ・コントラスト・彩度を調整する

まとめ

DVDをUSBメモリーにコピーすると、光学式ドライブがなくともパソコンで動画鑑賞をすることができます。かさばりやすいDVDメディアや光学式ドライブを持ち歩かなくても良くなるため、カバンの中をすっきりさせられるのも嬉しいポイントです。

USBメモリーにDVDデータをコピーする方法は、主に3つです。市販のDVDをコピーするためには専用のソフトも必要になるため、あらかじめコピー用ソフトをダウンロードしておきましょう。

DVDコピー用ソフトウェアの中でも、高速でデータの変換や転送が可能な「DVDFab」は特におすすめです。このソフトには無料体験版もあるので、DVDデータをUSBメモリーにコピーしたい方はぜひお試しください。

他の方面の方法では、以下の文章にご参考お願い致します。
簡単にDVDをISOにリッピングする方法
DVDファイルをMP4に変換するソフト