思い出のビデオテープをたくさん持っていますが、保存はとても大変です。ご存知のように、ビデオテープは再生するうちにテープがのびたり、切れてしまったり、カビが生えたりすることがあります。その場合、画質劣化、ビデオテープが見られなくなることになります。DVDにダビングすれば、簡単に保存できるほかに、いつも映像がきれいに見られます。それゆえ、ビデオテープをDVDにダビングする必要があります。以下で「ビデオテープをDVDにダビングする方法」について簡単にご紹介します。

「VHSをDVDにダビングしたいのですがやり方がわかりません やり方教えて下さいよ!」
「DVDのダビング方法を教えてください。 習い事で、先生がご自分を撮ったDVDを教材として貸していただき、 ダビングして良いとの事だったのですが、 方法がわかりません。 何かソフトが必要でしょうか? 一から教えてもらえると助かります。」
                            --Yahoo知恵袋 より

上記のように、単なる「DVDダビング方法」とはいえ、「ビデオテープをDVDにダビングする方法」及び「レンタル/市販/自作のDVDをダビングする方法」に関して、2つのよくある質問があります。VHSテープが家庭のDVDプレイヤーで再生できないことに悩んでいるならぜひこの記事を参照してください。

VHSとは?

VHS(Video Home System)は、1976年にJVCが開発したアナログ録画フォーマットで、0.5インチ幅の磁気テープを採用し、水平240ライン、垂直486ラインの解像度で最大6時間のビデオコンテンツとステレオサウンドトラックを録画します。このフォーマットは、安価で使いやすい機能により、幅広いビデオカメラやカセットプレーヤーと互換性があるように設計されており、1990年代までに世界市場で主要なビデオ規格になりました。 2016年国内における対応機器の生産が終了しました。懐かしい思い出や大切な時が記録されたVHSテープを永久に保存して、または大画面TV、携帯電話などで楽しむには、VHSからDVDへの変換が必要です。

VCRをDVDに変換する方法

VFSビデオをデータ化するメリットは大きい!

VHS・S-VHSやVHS-C、miniDV、8mmビデオ・Hi-8DVDに保存されているデータは、アナログデータと呼ばれています。DVDはデジタルデータと呼ばれていて、デジタル化するメリットは大きいです。まずは、どのようなメリットがあるのかみていきましょう。

劣化を防げる

VHSなどの家庭用ビデオテープは、再生を繰り返すうちにテープが伸びてしまったり、切れてしまったりします。また保存状態によっては、カビが生えてしまう場合もあります。劣化がひどくなると、見られなくなってしまう可能性あるので注意が必要です。

しかし、DVDにダビングしてデジタル化しておけば、そのような心配がなくなります。いつまでも綺麗なまま思い出を残しておけるのです。

コピーして渡せる

デジタルデータは、複製や編集が簡単にできます、家族の思い出が詰まっているDVDをコピーし、親戚に配布したり、いらないシーンをカットして見やすくしたりといったことも可能です。

スマホやタブレットで視聴できる

デジタル化しておくと、DVDプレイヤーやパソコンでの視聴はもちろん可能です。さらに、スマホやタブレットでも簡単に視聴できるようになります。ビデオデッキが壊れてしまっても視聴できます。また、VHSを視聴するためにビデオデッキを持っていて、場所をとるせいで何とかしたいと思っている場合にもおすすめです。

VHSをDVDにダビングする前の準備

VHSをDVDにダビングする前に、まずVHSテープを利用して、アナログビデオをデジタル形式に変換します。次に任意のDVDオーサリングソフトを使用してDVDプレイヤーで再生できる適切なファイル形式に変換します。

必要となるもの:

  • VHS・DVD一体型プレイヤー
  • VHSビデオ、USBとVHSつながるケーブル
  • ビデオの再生中に画面を録画して保存できるソフトウェア
  • VHS DVD ダビングツール(あなたのラップトップ/コンピュータにDVDプレーヤーがインストールされている必要があります)

VHSビデオをDVD化するには

VHSビデオをDVD化するためには、いくつかの方法があります。ここでは、DVDレコーダーとビデオデッキを使う方法とVHS・DVD一体型レコーダーを使う方法、ダビングサービスを利用する方法について解説していきます。

DVDレコーダーとビデオデッキを使う方法

DVDレコーダーとビデオデッキを使ってVHSをダビングする場合、3色のビデオコードやDVDも用意する必要があります。DVDデッキを持っていない場合は購入もしくはレンタルで対応しなければいけません。ダビングの手順は以下のとおりです。

  • ①ビデオデッキの出力端子にビデオコードを接続します。
  • ②DVDレコーダーの入力端子にもビデオコードを接続し、ビデオデッキとつないでください。
  • ③ビデオデッキでVHSを再生し、DVDレコーダーで録画をスタートします。
  • ④再生が完了したらDVDレコーダーの録画を停止すると完成です。

ダビングしたDVDは、ファイナライズしておきましょう。ファイナライズは、他の機器でも再生を可能にする処理です。

DVDレコーダーはファイナライズとダビングを別々で行うものがほとんどなので、後からファイナライズ処理をしなければいけません。誰かにダビングしたDVDを渡したり、ダビングしたDVDレコーダーが壊れたりした時に備え、ファイナライズはしておいた方が良いでしょう。

VHS・DVD一体型レコーダーを使う方法

VHS・DVD一体型レコーダーを使ってダビングする場合、レコーダーの他にDVDがあればダビングできます。それぞれのデッキを用意する必要がなく、接続するためのケーブルも必要ありません。一体型のレコーダーは通販などで購入でき、レンタルサービスを行っている会社もあります。ダビングの手順は以下のとおりです。

  • ①ダビングしたいVHSとダビング先のDVDをレコーダーに挿入します。
  • ②ダビング機能を使ってダビングして終わるのを待ちましょう。
  • ③ダビングが終了したら、DVDにデータが保存されているので、自由に使えるようになります。

パソコンのソフトを使ってダビングする方法

パソコンを使ってVHSをダビングする場合は、ビデオデッキやパソコン、ビデオキャプチャケーブル、ビデオキャプチャソフトが必要になります。ビデオデッキとパソコンはビデオケーブルでの接続ができないため、ビデオキャプチャケーブルが必要です。

また、ビデオの映像を取り込むためのビデオキャプチャソフトも忘れずに用意しましょう。ビデオキャプチャソフトは、ビデオデッキやDVDレコーダーなどの映像を再生する機器から映像や音声をデータ化し、パソコンに保存するために使われています。家電量販店やネット通販で購入可能です。

  • ①パソコンにビデオキャプチャソフトをインストールします。
  • ②パソコンとビデオデッキをビデオキャプチャケーブルでつなぎ、認識させます。ドライバのインストールが必要になる場合もあります。
  • ③ビデオデッキでVHSを再生させ、ビデオキャプチャソフトで録画してください。
  • ④録画した動画をDVDに焼いたら完成です。

ダビングサービスを利用する方法

VHSをDVDにダビングしたいと思った時、前述したように自分でもできます。しかし、手間がかかってしまいますし、機器の準備が面倒だと感じてしまう人もいるでしょう。ダビングのためだけに機器を揃えるのはコスト的にもデメリットが大きいと言えます。

またダビングをするとなると、録画時間分だけ時間がかかります。時間が非常にかかってしまう場合もあるので、負担に感じてしまう可能性も高いです。負担を軽減するには、ダビングサービスを利用するのがおすすめです。

ダビングサービスは、業者にダビングしたいと思っているVHSを渡すだけなので、非常に簡単です。デッキ類を購入する場合と比べてみると、コスト面でもメリットが大きいです。近所にこうしたサービスを行っている店がない場合は、郵送で対応してくれる場合もあるので確認してみましょう。

VHSをDVDにダビングするコンバーター

Diamond Video Capture vc500

このVHS DVD 変換のコンバーターは、ハードウェアとソフトウェアの組み合わせであり、PCで実行でき、最大Windows 8をサポートしています。ガジェット愛好家やテストサイトによって完全にテストおよび検証されています。このデバイスの主な利点は、VHSプレーヤーの出力に接続されたアナログピンが装備されており、もう一方の端がUSBポート経由でコンピュータまたはラップトップに接続されていることです。あなたが操作する必要があるのは、VHSカセットを再生し、デバイスのもう一方の端でコンピューターに記録するだけです。

カセットの長さによっては、プロセス全体に時間がかかる場合があります。完了すると、ファイルはすべての主要なファイル形式(MPEG1、MPEG2からMPEG4)で保存され、ビデオおよびメディアプレーヤーで広くサポートおよび使用されます。

Diamond Video Captureには、編集オプション付きの独自のDVDクリエーターも付属しているため、デジタルファイルをDVDに転送できます。このVHSからDVDへのコンバーターを検討するもう1つの理由は、Diamond Video Captureは、一般的なビデオキャプチャソフトウェアと互換性があるため、他のソフトウェアを使用してキャプチャしたビデオを高速にデジタルファイルにレンダリングできることです。 カスタムテストでは、VHSからDVDディスクに40分を書き込むのに15時間かかります。

Roxio社 Easy VHS to DVD Plus ( v. 3 )

こVHD DVD 変換のハードウェアは、内蔵のビデオまたは画面記録ソフトウェアがあり、ラップトップまたはコンピューターの画面からビデオをキャプチャし、デジタルビデオにレンダリングすることができます。他のビデオキャプチャソフトウェアと普遍的に互換性があり、ビデオがレンダリングされると、VHSをDVDに変換してから、最も広く使用されているMP4のファイルバージョンまたはDVDの他のバージョンに簡単に変換したり、再生したりできます。

Roxioは、VHSをDVDにダビングするか、またはビデオファイルとしてファイルを保存するための直接のオプションを持っています、そして、あなたはその後それでそれを使うことができます。このソフトを使用して、パソコンにビデオを取り込んで、ビデオクリップのトリミングとカット、手ぶれしたビデオの安定化、背景ノイズ除去、色補正、メニュー追加などの編集ができます。また他の場所から収集したオーディオトラックを追加して新しいビデオを作成することもできます。このソフトはビデオをキャプチャしてDVD-videoに直接変換するので、作成されたDVDの品質は素晴らしいです。

これは両端があるケーブルで、一方はコンピュータのUSBポートに接続して、もう一方はVHSプレーヤーの背面に接続します。ケーブルはUSB 2.0をサポートしていますが、VHSはRCAケーブルを備えています。それで、ビデオは30 MBPS未満の速度でのみ再生されます。

VHSプレーヤーにコンポジット出力がある限り、Roxioはそれをラップトップに転送できます。

この「ビデオテープto DVD」はVHSなどアナログビデオをかんたんにDVDにダビングすることができるソフトです。操作方法が簡単でわずかで、数クリックでVHS DVD ダビングを行うことができます。

VHSビデオとパソコンを付属ハードウェアで接続して、録画用のDVDメディアをドライブに入れて、録画ボタンを押せばいいです。

 VHS DVD ダビング

ソフトを使ってDVD化したいならDVDFab DVD コピーがおすすめ

DVDFab DVD コピーは、市販されているDVDやレンタルされているDVDを圧縮したり、劣化なくコピーしたりできるソフトです。空のディスクを直接出力し、ISOファイル・フォルダとしてローカルHDDに保存することができます。最後に、DVDFab DVD コピーがどのようなソフトなのかご紹介します。

DVDFab DVD コピーについて

DVDFab DVDのコピーにはどのような特徴があるのでしょうか?ここでは、DVDFab DVD コピーの特徴や魅力をご紹介します。

・コピーガードを解除できる

DVDFab DVD コピーは、コピーガードをいとも簡単に解除してくれます。市販品やレンタル品のDVDにはコピーガードがかかっていて、保存ができないようになっています。しかしDVDFab DVD コピーを使うと、CSS・UOPs・APS・RC・DADC・Disney's Fake ・CPRMなどを解除し、空のDVDにコピーできるのです。

・品質を損なわない比率で複製できる

DVDFab DVD コピーを使用した場合、無劣化のバックアップを作成できます。品質を損なうことなく複製を作りたいのであれば、ぜひ利用したいとソフトだと言えます。ホームメディアサーバーやPlayerFabなどの各種メディアプレイヤーでもキレイな再生ができる点も魅力です。

・幅広いニーズに対応できる

一般的なDVDコピープログラムとは違い、6つのコピーモードで幅広いニーズに対応できるのも強みの1つです。フルディスクやメインムービー、クローン/ライティング、結合、分割、カスタマイズという6つのモードを搭載しています。

そのため、ユーザーがそれぞれの好みに合わせて利用できるのです。使い方も簡単なので、初心者でも難しいと感じることはありません。

DVDFab DVD コピーの使い方

次のボタンをクリックして、DVDFabを無料ダウンロードしましょう。

 Windows版を無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)
 Mac版を無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)

続いて、DVDFab DVD コピーの使い方について解説します。DVDFab DVD コピーの使い方は以下のとおりです。

1.DVDFab DVD コピーを起動する

https://c.dvdfab.cn/images/product/1x_m/ja/dvd_copy/guide/1.jpg

まずは、DVDFab DVD コピーを起動し、ソースとなるDVDを選択します。上部にあるツールバーから「コピー」を選び、DVDディスクを光学ドライブに挿入してください。SVSフォルダ/ISOフォルダを使用したい場合は、インターフェースの上部にドラッグ&ドロップします。

2.コピーモードと出力を選択する

https://c.dvdfab.cn/images/product/1x_m/ja/dvd_copy/guide/2.jpg

DVDの読み込みが終わったら、インターフェースの左上にある矢印をクリックします。すると、コピーモードの選択画面が表示されるため、必要な場合は適したものを選びましょう。そして、オーディオや字幕、出力サイズを選んでください。

「詳細設定」の画面では、ボリュームラベルや再生モードの設定ができます。

3.DVDコピーをスタートする

https://c.dvdfab.cn/images/product/1x_m/ja/dvd_copy/guide/3.jpg

画面の下部にある空のディスクやISOファイル、ローカルドライブに保存(VIDEO TSフォルダ)などから、希望する「出力先」を設定します。「開始」ボタンをクリックするとコピーが始まり、タスクスケジュールに表示される順番で作業が進んでいきます。

それぞれまたは全体のタスクスケジュールは、いつでもキャンセル可能です。また、シャットダウンやプログラムの終了などの挙動に関する設定もできます。

DVDFab DVD 作成

「レンタル/市販/自作のDVDをダビングする方法」について、DVD書き込み用ドライブ付きのパソコンがあれば、自分でも簡単にできます。強力で使いやすいDVDダビングソフトを利用して簡易な操作手順に従ってDVDダビングを行えます。確かに、「DVDダビングソフト」というキーワードを利用してネット上で検索したら、フリーでも有料でも、様々なDVDダビングソフトが出てきます。一つずつ体験する時間を節約するため、ここで最強のDVDFab DVD 作成ーを使用して、DVDを簡単にダビング方法をご紹介します。

この方法では、作業全体を終了するまでに時間がかかますが、VHSテープのビデオをより柔軟に処理できます。VHSをDVDに書き込む前に、必要に応じて、iMovieまたはWindowsムービーメーカー(Windows)を使用してビデオを編集します。そして、DVDFab DVD 作成のようなDVDオーサリングソフトを使って、ビデオをDVDに書き込みます。

DVDFab DVD 作成は、最高のDVD作成ソフトとして、ダウンロードされたビデオ、ビデオカメラで撮った映像、ほかの汎用ビデオなどのあらゆる種類の動画からDVDを作成することができます。超高速で動画をDVD-video形式に変換して、字幕、オーディオとアスペクト比の設定、動画の再生順の調整、動画のプレビュー、メニューの作成などの多彩な機能を搭載しています。

 

以下はこのソフトを使用して、VHSをDVDにダビングする方法です。

ステップ 1: トップメニューから「作成」機能を選択して、左上隅におけるスイッチをクリックして、「DVD 作成」モードを選択します。

そして、「+」をクリックして、VHSビデオをインターフェースに追加します。

ステップ2: 必要なオーディオトラックと字幕を選択します。レンチアイコンをクリックして、「詳細設定」パネルでは、DVDのボリュームラベル、出力などの設定を行うことができます。

「メニュー設定」 アイコンをクリックして、「メニューなし」またはメニューテンプレートから1つを選んで、カスタマイズしてから、「OK」ボタンをクリックします。

ステップ 3: 保存先でビデオの出力ディレクトリを設定できます。出力ディレクトリはDVDディスク、DVDフォルダ、またはISOファイルの3つの種類があります。すべての設定が完了したら、「開始」ボタンをクリックしてく 変換処理を始めます。

ドライブを出力ディレクトリとして選択した場合は、DVDダビングプロセスが終わったら、下図のようなメッセージウィンドウがポップアップされます。指示に従って、ドライブに空白の録画用DVDメディアを挿入してください。

DVDダビング方法

まとめ

VHSが今でも家に残っているという人もいるでしょう。しかし、ビデオデッキの需要はほとんどなく、新たに購入することも難しい状況です。またVHSが劣化すると見られなくなってしまうこともあるので、デジタル化しておくことが重要になります。

VHSをデジタル化してDVDに保存したい場合は、今回の方法をぜひ試してみてください。ダビングしたDVDをコピーしたいと考えているのであれば、DVDFab DVD コピーとDVD作成の利用がおすすめです。