iPadはいつでもどこでも視聴が可能で、軽く持ち運びしやすくてRetinaディスプレイを搭載しているため高画質なので、よく愛用されています。動画を載せているメディアは光ディスクからオンラインのストリーミングへ変貌する中、日常生活で、DVDのデータをiPadに取り込んで楽しみたい人が多くいるでしょう。

そのため、どうすればiPadでDVDを再生できるのかという問題が迫ってきます。続いて、本稿ではDVDの映像データをiPad に取り込む方法(手順と必要なソフト)を具体的に説明します。見ていきましょう。

DVDをiPadへ取り込む手順とソフトをまとめる

iPadをDVDに取り込む基本的な手順

まずはDVDディスクのフォーマットを見分けることです。その後、iPadでサポートされているフォーマットに変更して、新しいフォーマットのデータをiPadに取り込みます。

ちなみに、サポートされている形式には.mp4/.m4v/.mov(.qt)が持っています。それに当てはまらない形式のDVD動画は、いずれかの形式へ変換してください。

iPadをDVDに取り込むに必要なソフト

その手順でいろいろなソフトが欠かせないものです。変更する時、DVDリッピングソフト、エンコードするためのソフトを使うと、簡単ですよ。最後には、iTunesでデータを取り込んで済ませます。

そういえば、リッピングとエンコードという概念を簡単に話したいと思います。辞書によると、リッピングとはコンパクトディスクに記録された音楽データを抽出してパソコンで再生・処理可能なファイル形式に変換し保存することです。エンコードとは信号やデータを一定の規則に基づいて変換することで、「符号化」「暗号化」「記号化」などの意味を持っています。つまり、動画の容量を圧縮したり、視聴が可能な動画形式に変換したりする作業です。

ステップ1:ディスクのフォーマットを判別すること

だいたい3つの種類があります。

まず、自宅で私的に録画したDVDディスクです。一般的に言えば、コピーガードなどがされていないので、Handbrakeのようなソフトを使えればエンコードします。

また、市販DVDまたはレンタルDVDディスクなら、利用される保護技術が多様化して、複雑で、タイプが多岐に渡ります。発行者によってコピーガードが違って、よく更新されている場合があることから、専門的なDVDリッピングソフトを使うことでコピーガードを解除することができるのです。

コピーガードをかけるというのは、出版側は常に市販のDVDディスクの著作権を保護するためです。これで、使用者は中にあるデータを抽出したり操作したりすることができません。よく見られるコピーガードの種類にAPS、CSS、UOPs、リージョンコード、HDCPが挙げられます。

そして、DVDレコーダーによるテレビ番組のディスクは録画方式において「VRモード」を使用し、市販DVDなどの規格とは異なっています。DVD-VRは主にTV録画用の方式です。ですから、DVDの互換性が低いので、ほとんどのDVDプレーヤーで再生できません。しかし、DVDデッキで編集可能で、またそのディスクに新たな映像を追記できます。保護ガードつきの原因で、やむを得ずにコピーガード対策ソフトを使いましょう。

ステップ2:DVDデータをサポートされるフォーマットに変更すること

ステップ1にあるそれぞれのDVDに対して、利用できるエンコードソフトが違います。これから詳しく写真付きで説明します。

状況1.家庭映像などのDVDに対しては「Handbrake」を使う

Handbrakeは動画・音声の形式変換を気軽に行える超人気な無料ソフトです。定番エンコーダとして動画や音声ファイルの細かなパラメーターを調整して動画や音声のファイルサイズ変える機能や色々なデバイスやプラットフォームが要求するメディア規格に合致させる機能も備えられています。

公式サイト:https://handbrake.fr/

赤いボタンの下にある「Other Platforms」をクリックすると、次の画面が出てきます。iPadが対応するOSによってバージョンを選択して、セットアップのプログラムを起動してインストールを終わらせます。

DVDをMP4動画形式にする使い方

1.起動してから左側の「変換元」を選択してDVDのソースデータを入力してください。

2.カスタマイズ設定をします。この手順には保存先、プリセット(出力動画の規格)、コンテナ(出力形式)、解像度とサイズ、動画(出力スピード、品質など)、音声、字幕、キュー(バッチ処理)などを調整することができます。

3.全部を設定した後、最後には緑のボタン「交換開始」をクリックして、自動的にエンコードします。そのとおり、動画形式の交換を完成します。

DVDのコピーガード性能が高いと、Handbrakeは役に立たなくなります。そこで、続けて読みましょう。

状況2.市販DVDやレンタルDVDなら「DVDFab DVD リッピング」を使う

DVDFab DVD リッピングはDVDディスクをiPadでサポートされている動画形式に変換できる高画質ソフトです。独自のCloud Decryption Service を使用して、ステップ1に言いましたようなよく見られる強力コピーガードを解除できるのが特徴になります。特性として、ホームシアター向けで、無劣化でコピーできる、DVDを1000種類以上の動画/音声フォーマットにリッピングできる、ハードウェアアクセラレーションを利用して、通常より50倍速い速度で変換できることがあります。ただし、コピーガードを完璧に解除したいなら、有料スフとが必要です。

製品の公式ページ:https://dvdfab.co.jp/dvd-ripper.htm

 Windows版を無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)
 Mac版を無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)

使い方

1.「リッピング」ボタンをクリックしてソースデータを追加します。

2.ここで出力形式、オーディオ、字幕などを自由に設定します。また、多彩な動画編集機能を持っているので、動画そのものにトリミング、回転、アスペクト比の設定、透かしと字幕の追加などができます。出力先を設定して「開始」ボタンでエンコードします。

3.「タスクリスト」画面で、タスクの設定を全て見られます。もし複数のタスクなら、自動的に処理されます。

状況3.DVDレコーダーによるテレビ番組のディスクなら「DVDFab Passkey for DVD」を使う

Passkey for DVDもDVDコピーガードを取り除くソフトで、最も重要な特徴がよく遭遇するコピーガードだけではなく、地デジ、BSデジタルをDVD-VRで録画した際に付加されるCPRM解除にも対応していることです。

製品の公式ページ:https://dvdfab.co.jp/passkey-for-dvd.htm

使い方

1.Passkeyを起動してから、「DVD」を選択して右下にある「DVDFab Passkeyを起動する」ボタンをクリックします。その後、Passkeyは、システムトレイに最小化され、Blu-rayドライブにメディアが含まれているかどうかを検出します。

2.DVDソースと接続すると、Passkeyが自動的にDVDデータを読み取り、解析します。そうして、コピーガードを解除できます。と同時に、DVDの詳細情報と保護の種類などが右の画面に表示されます。解除されたら、任意のプレーヤーでDVDを再生できるようになります。ここまで完成します。

3.もしDVDディスクをリッピングしたいなら、システムトレイに最小化されたDVDFab Passkeyのアイコンを右クリックして、「ハードディスクにリッピング」または「イメージにリッピング」を選択してください。出力先を指定して、「リッピング」ボタンを押してください。

ステップ3:iTunesでステップ2の動画ファイルをiPadに取り込むこと

ツールの公式サイト:https://www.apple.com/jp/itunes/

iTunesとはiPhoneやMacなどのapple社製品で、データをiPadに伝送できるソフトで、Apple社の製品のみではなく、様々な製品でお使いになることができます。

ここでおすすめしたいのはDVD読み取り機能です。

1.iTunesを起動させて、ステップ2に変換されたMP4のデータを取り込みます。タブには「ムービー」を選択して、データを追加します。

2. iPadをパソコンに繋いで、表示されているiPadのアイコンをクリックします。次のように、接続したiPadの管理画面が飛ばされます。「ムービー」をクリックして動画の管理画面を表示させましょう。

3.「ムービー同期」と「映画」をクリックして、下の「同期」を選択してください。これで、操作は完成です。

DVDをiPadに取り組む方法というと、3つの手順でいいです。以上に述べたようにステップを完成したら、とても便利です。ぜひ試してください。