m4aをmp3に変換する方法とは?おすすめのフリーソフトもご紹介!

ファイル形式の一つとして知られるm4aは、現在も開発が続いている音楽ファイルです。しかし、m4aには弱点も存在しており、場合によっては変換できない場合があるのです。そのような場合、m4aを汎用性の高いmp3に変換する必要があります。今回は、その方法について詳しくご紹介します。

m4aとは?

iPhoneやiPadなど、Apple製品を利用している場合、m4a形式のファイルで音楽を再生したことがある人もいるのではないでしょうか?ここでは、m4aについて詳しく解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

m4aは音楽ファイルの拡張子

m4aとは、音楽ファイルの拡張子であり、AAC(Advanced Audio Coding)規格で圧縮されたもののことを言います。AACは、もともとMPEG-4形式がベースとなっています。MPEG-4規格で定められたm4aファイル形式を、Apple社が独自に拡張したものです。一般的に、m4aは音声データの記録形式として用いられることが多いです。

mp3との違い

Apple製品を使っている際、ファイル形式を変換しようとしたことがある人もいるのではないでしょうか?ここでは、それぞれの違いについてご紹介します。どちらも音楽ファイルとして用いられていますが、m4aはmp3よりも変換効率が良いため、容量を最小限に抑えながら、高音質を実現できます。そのため、音質にこだわる人におすすめです。

しかし、そのm4aをわざわざmp3に変換することがあるのは、一体なぜなのでしょうか?それは、双方のメリット・デメリットを踏まえて考えると見えてきます。

メリット・デメリット

実は、m4aはmp3よりも前に開発されており、開発は現在も続いていることをご存じですか?mp3の開発はすでに終了しているため、今後さらなる進化を遂げる可能性はありません。このような点は、m4aとmp3の最大のメリット・デメリットと言えます。m4aは技術的に優れているほか、今後開発され続けることを考えると将来性もあるとして、利用するべきであることは明白です。

ただし、m4aはApple社が開発しているため、他社の製品には対応しておらず、再生できない場合があります。その一方、mp3はその汎用性の高さから、現在も様々な場面で利用されています。開発されてから30年近く月日が経過しており、今ではほとんどの音声・動画コンテナ内で利用できることが大きなメリットとして挙げられます。

古いデバイスでも扱えるのは、mp3ならではの特徴です。汎用性の観点から見ると、mp3に勝る音楽ファイル形式はないと言っても過言ではありません。

ma4を再生するには?

m4aは、Apple社が開発しているファイル形式であるため、iPhoneやiTunesなど、Apple社が提供するデバイスであれば、標準で対応しています。しかし、中にはApple製品以外のデバイスで音楽を再生したいと考える人もいるはずです。

実は、Apple製品以外は絶対に再生できないというわけではありません。m4aをmp3に変換するフリーソフトを使えば、AndroidやWindowsなどのデバイスで再生することも可能です。

iTunesでm4aをmp3に変換する方法

ここまで説明した通り、mp3は汎用性に優れていることから様々場面で利用されています。以下では、iTunesでm4aをmp3に変換する手順をWindows、Macそれぞれでご紹介します。

Windowsの場合

まずはiTunesを立ち上げ、変換したい音楽を選択します。その後、音楽を選択した状態でメニューバーから、「ファイル」→「変換」→「MP3バージョンを作成」という順番でクリックしてください。これでiTunesのm4aの音楽ファイルは、mp3に変換されました。変換する手順は非常に簡単であるため、誰でも操作できます。

Windowsで「MP3バージョンを作成」の項目がない場合

「ファイル」→「変換」をクリックした後、「MP3バージョンを作成」の項目がなかった場合、メニューバーから「編集」をクリックし、「設定」を選択します。その後、「一般」→「インポート設定」をクリックし、インポート方法を「MP3エンコーダ」に設定してください。

Macの場合

iTunesを立ち上げたら変換したい音楽を選択します。その後、Appleメニューバーから「ファイル」→「変換」→「MP3バージョンを作成」をクリックしてください。ここまでの流れはWindowsと変らないため、非常に簡単です。

Macで「MP3バージョンを作成」が表示されない場合

Appleメニューバーから「環境設定」をクリックしてください。画面下にある「CDがセットされたとき」の動作設定「読み込み設定…」がmp3以外になっている場合、変換不可なので注意してください。

変換できないのはなぜ?

iTunesを用いて音楽ファイルを変換しようとした際、エラーが発生する場合があります。エラーが発生するのには、4つの理由があります。まず1つ目は、変換しようとしているファイルがiTunesで扱える音源形式ではないということです。

音楽DVDの音源やCD音源などと同じ高音質を持つハイレゾ音源FLACやm4aデータは、変換できません。2つ目は、楽曲情報に問題がある場合です。書き換える、または消去すれば対処できます。

3つ目は、iTunesが最新バージョンに更新されていないことです。バージョンが最新状態ではなかった場合、変換できない可能性があるため、使っているデバイスをよく確認しておきましょう。4つ目は、音源ファイルが保護されている場合です。

iTunesで扱える音源であったとしても、Apple MusicやApple store、iTunes plusで購入した音楽であれば、変換することは不可能です。変換できず困っている場合は、上記でご紹介した項目に当てはまっているかどうか確認してください。

大量のm4aファイルを一括mp3に変換

ファイルを一括変換することは可能なのでしょうか?ここでは、m4aをmp3に変換する「VideoCruise」についてご紹介します。m4aをmp3に一括変換することも可能です。

VideoCruiseとは?

VideoCruiseは業界最強の動画編集ソフトとして知られており、簡単にプロ並みの動画を作成することが可能です。音声テキストの変換をはじめ、フィルター掛け、字幕作成、音声デタッチ、動画分割、ビデオ切り抜き、画像処理、GIF作成など、あらゆる機能が搭載されています。

VideoCruiseの最大の魅力は、搭載されている機能を無料でお試しできることです。また、編集に関する知識がない初心者でも簡単に扱えます。現在、VideoCruiseはWindowsOSのみの対応となっています。

VideoCruiseで動画や音声、画像を処理する大体の流れ

編集プロセスを開始する

VideoCruiseを使用する際の手順についてご紹介します。まずは、「無料ダウンロード」をしましょう。すべての機能を使いたい場合は、「今すぐ購入」をクリックし、フリーソフトを購入するのもおすすめです。「無料ダウンロード」をクリックしたら、指示通りに操作すればOKです。

次のボタンをクリックして、VideoCruiseをすぐ無料でPCにダウンロードします(windowsのみ対応)。

 Windows版を無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)

新しいプロジェクトを作成するために、まずは画面比率を選択してください。その後、「メディア」の上部にある「インポート」を選択します。動画、写真、音楽を選択することが可能で、「ファイルをドラッグしてインポート」と書かれた場所に移動させ、編集を開始します。

編集を行う

搭載されている様々な機能とツールを用いて、プロジェクトを編集しましょう。プレビューは常に右上に表示されます。

プロジェクトを出力する

編集を終えたら、保存して出力を行います。プロジェクトをハードドライブに保存し、「出力」ボタンを選択し、動画または音声のみの出力を選択してください。名前を付け、出力フォルダを選びます。音声のみを出力したい場合は、形式と継続時間を選択して出力します。

次は大量のm4aファイルをMP3ファイルに一括変換する手順を詳しく紹介します。

大量のm4aファイルを一括mp3に変換する手順

1.VideoCruiseをダウンロードして立ち上げ、左上の「素材」タグで「インポート」ボタンをクリックして「フォルダーをインポート」をクリックすると、複数のm4aファイルが置いたフォルダーを開いて追加します。

※一つのファイルを追加するなら、「ファイルをインポート」をクリックするか、直接ドラッグアンドドロップして追加します。

また、トップのメニューバーから「ファイル」>「インポート」>「フォルダーをインポート」の順でクリックしてもOKです。

2.読み込まれたら、対象m4aファイルの右下にある「+」ボタンをクリックして下部のタイムラインのオーディオトラックに追加します。

3.右クリックすると、m4aファイルを編集・分割・字幕変換・音声強調などしたりすることが可能、もちろん音声形式を目的とすれば編集しなくてもOK。次は「出力」ボタンを押します。

4.出力画面で「オーディオ」タグを選んで、ビデオフォーマットで「MP3」にします。また、ファイル名や出力先、そして出力音声の品質を設定できます。終わったら「出力」を押せば音楽形式変換処理が始まります。

※購入Tips:VideoCruise単品より、VideoCruiseとToolkitと後でするDVDFab 動画変換とからなるDVDFab 動画変換Proを購入したほうが得になります。価格上は安い割にもっと多くの機能を手に入れます。詳しくはhttps://dvdfab.co.jp/promotion.htmへ!

ほかのM4A MP3変換ソフトウェア&サイトまとめ

M4A MP3変換フリーソフト—DVDFab 動画変換

DVDFab 動画変換は数多くの入出力フォーマットに対応しており、ビデオやオーディオパラメータを自由に編集する機能も備えます。更にDVDFab Enlarger AI製品と連携して動画の画質を向上してくれるソフトです。

次のボタンをクリックしてDVDFab 動画変換を無料ダウンロードします。

 Windows版を無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)
 Mac版を無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)


DVDFab 動画変換は全機能体験版、有料版と無料版3つのバージョンがあります。通常は、30日間の全機能体験版からDVDFab製品を試用し始め、30日間の試用期間が終了後に購入しない場合、この製品は無料版になります。一方、有料ユーザーアカウントで認証されると、有料版になります。各バージョンの機能比較について、動画変換製品ページをご参照ください。


入力フォーマットは主に3GP / ASF / AVI / FLV / M2TS / MOV / MP4 / M4V / MPEG / DAT / MKV / RMVB / RM / TS / VOB / WMVなど。
出力フォーマットは2Dビデオとオーディオだけでなく、3D(4K MP4と4K MKV)ビデオも出力できます。詳しくは:
2Dビデオ:H.265 / 4K MP4 / 4K MKV / MPEG-4 / MP4 パススルー※ / MKV パススルー※ / MP4 / FLV / MKV / AVI / WMV / M2TS / TSなど
※パススルー: 入力元が対応している場合、無劣化抽出
オーディオ:MP3 / MP4 / M4A / WMA/WMA10 /WAV / AAC / DTS / OGG / PCM / AC-3/E-AC-3 5.1 など、最大7.1ch
3Dビデオ: 3D MKV(H.265) / 3D MP4(H.265) / 3D 4K MP4 / 3D 4K MKV / 3D AVI / 3D MP4 / 3D WMV / 3D MKV / 3D M2TS / 3DTS

DVDFab 動画変換でM4AをMP3に変換する方法

1)DVDFab起動した後、インターフェースのトップに「変換」モードを選択します。そして、真ん中に「+」をクリックして、変換したいm4aファイルをロードします。
2)動画のカット編集などをする場合は、まずレンチアイコンとペインアイコンをそれぞれクリックして「詳細設定」と「動画編集」ボタンを使って設定します。次はメイン画面に出力フォーマットのドロップダウンリストから「他のプロファイルを選択」をクリックして、次の画面に表示される多数の形式から相応なプロファイルを選択します。例えば、「mp3」ファイルを出力したい場合、「フォーマット」->「オーディオ」->「mp3」プロファイルを選択します。
3)パラメータを設定完了後、メインインターフェースの下側の「保存先」を設定し、「開始」ボタンをクリックします。プロセス進行中に、タスク時間や進行状況など詳細情報を監視できます。

16:9

M4A MP3変換サイト—Online Audio Converter(変換方法も紹介)

M4AをMP3に変換できるオンラインサイトを探しているなら、Online Audio Converterというサイトもいい選択だと思います。
•インストールする必要がありません;
•オーディオ形式の間で変換するだけではなく、ビデオ形式から音声を抽出することもできます;
•出力ファイル品質の設定やトラック情報の編集等ができます。;
•完全無料ですが、変換スピードが遅いです。

Online Audio ConverterでM4AをMP3に変換する方法

m4a mp3 変換 ソフト
1) Online Audio Converterの公式サイトにアクセスします。
2)「ファイルを開く」ボタンをクリックし、変換したいM4Aの音源をPCから追加します。
3)「MP3」をクリックし、品質の設定やトラック情報の編集が行います。
4)「変換」ボタンをクリックすると、M4AをMP3に変換することができます。
5)「ダウンロード」ボタンをクリックして、変換したMP3ファイルをPCに保存すればOKです。

M4A MP3変換サイト—Online Audio Converter(変換方法も紹介)

M4A MP3変換フリーソフトを利用して、M4AをMP3に変換することができますが、ソフトのインストールが面倒くさいと思った方も必ずいるでしょう。
ソフトをインストールしないに、M4AをMP3に変換する方法を探しているなら、M4A MP3変換可能なオンラインサイト「Convertio」をオススメです。
•ソフトのインストールが不要
•使いやすい、数秒だけでM4AをMP3へ変換できます
•複数のファイルを一括変換することも可能です
•無料で変換すれば、最大100MBのファイルに対応しますもっと大きなファイルを変換したい場合は、有料プランを注文する必要があります。それに、ファイルサイズにより価格が異なります。

m4a mp3 変換 ソフト

ConvertioでM4AをMP3に変換する方法

m4a mp3 変換
1)Convertioの公式サイトにアクセスします。
2)「コンピュータから」という赤いボタンをクリックし、変換したいM4Aの音源をロードします。
3)ロードされたら、「変換」という赤いボタンを押します。すると、M4AからMP3への変換が開始します。
4)変換したファイルの右に「ダウンロード」ボタンが表示されます。それをクリックしたら、MP3ファイルをPCに保存されます。

まとめ

今回は、m4aをmp3に変換する方法について詳しくご紹介しました。Apple製品の音質が良いのは、独自の拡張子を使っているからだということがわかります。「ファイル形式を変換するのは難しいのではないか?」と考える人もいますが、実際には非常に簡単な操作のみで行えます。

また、mp3は汎用性が高く、様々なデバイスで利用できることから、m4aを変換しなければいけない場合も多いと考えられます。音楽のファイル形式を変換したいと考えている人には、VideoCruiseの利用がおすすめです。多様な音声編集が可能なVideoCruiseであれば、音質を劣化させることなく変換できます。