様々な種類がある音楽のファイル形式ですが、中でもm4aファイルとwavファイルが目にする機会も多いでしょう。しかし、より高音質を求めるならwavファイルでの保存・変換がおすすめです。そこで今回は、複数のm4aファイルをwavファイルに一括変換できるおすすめのソフトを紹介します。変換ソフトをお探しの方はぜひ参考にしてみてください。

M4AとWAVの違い

そもそもm4aファイルをwavファイル、いったいなにが違うのか気になっている方も多いのではないでしょうか?そこでまずは、それぞれの音楽ファイルの特徴からご紹介します。

m4aファイルとは

m4aファイルとは、音声ファイル拡張子のことで、Apple社が独自開発したMPEG-4規格の一部です。AAC(Advanced Audio Coding)規格で圧縮されることが多く、主にiTunesやApple QuickTime Playerなどで使われています。m4aは可逆圧縮と呼ばれるデータ圧縮方式のロスレスのため、情報量を圧縮しつつも劣化しないためMP3よりも優れています。

wavファイルとは

wavファイルはIBMとMicrosoftによって開発された音声ファイルの拡張子です。オーディオコンテナ形式のため、「.wav」拡張子が付いているのが特徴です。wavファイルは主にWindowsで使われていますが、無圧縮のためm4aより音質が優れています。ただし、高音質な分ファイルサイズも大きくなります。

m4aファイルをwavファイルに変換するメリット・デメリット

上記でも解説したようにm4aファイルはApple社が独自開発したファイル形式です。ここでは、m4aファイルをwavファイルに変換することにいったいどのようなメリット・デメリットがあるのか詳しく解説していきます。

変換するメリット

Apple社が独自開発した音楽ファイル形式であることから、iTunesストアで購入した音楽はもれなくm4aファイルが使われています。音楽を再生する機器がiPhoneやiPodだけであればわざわざ音楽ファイルを変換する必要はないかもしれません。しかし、iPhoneからandroidへ機種変更したり、Apple社以外の音楽再生機器を購入したりした場合、音楽を聴きたいのに再生できない事態が起こります。

m4aファイルは一部の媒体でしか再生できないため、いざという時に使い勝手が悪いのです。一方wavファイルはm4aファイルに比べてWindowsの標準フォーマットであるため、対応機器が非常に多いといった特徴があります。Windows標準搭載のプレーヤーやandroidスマートフォンのほか、様々な動画・音声編集ソフトに対応しているため、変換することで使い勝手が良くなるというメリットがあります。

変換するデメリット

wavファイルは対応機器が非常に多く、使い勝手が良いというメリットがある一方で、圧縮していないため容量が大きいというデメリットがあります。Wavファイルは品質が高いままデータの形にしているため、他のファイル形式に比べるととても重いのです。しかし、その分音声が劣化しないという強みがあります。

例えば同じ曲でもwavファイルとmp3ファイルでは、容量が4倍近く違います。mp3ファイルは重すぎるファイルを軽くするため、wavファイルに含まれている人間には聞こえないとされる音を取り除いているからです。Mp3のようにデータを圧縮した音楽ファイルは、展開したときも完全に元に戻ることはありません。

しかし、あくまで削っているのは人間には聞き取れないであろう音のため、よほど耳の良いでなければ、大きな影響はないでしょう。

M4AファイルをWAVファイルに変換する方法

WAVファイルは使い勝手がいいため、「一部の機器・ソフトでしか扱えないM4AをWAVにしたい」という人は多いはず。フリーソフトやオンラインの変換サービスを使えば、数ステップで簡単にM4AファイルをWAVファイルへ変換できます。

フリーソフトの場合、オンラインの変換サービスよりも機能が豊富・変換スピードが速いといったメリットがあります。その代わり、サイトと違ってダウンロードの手間がかかります。また、料金が有料であるケースが多いのも事実です。

一方オンラインサービスのメリットとしては、
・料金が無料である場合が多い
・インストールの手間がかからない

といった点が挙げられます。

デメリットとしては、多くのサイトが
・機能に限りがある
・大容量のファイルには対応していない
・変換のスピードが遅い

といった特徴を持っている点です。

それぞれ一長一短なので、自分に合った方を選んでみてくださいね。以上、M4AファイルをWAVファイルに変換できるおすすめのフリーソフト・オンラインサイトを解説しました。

m4aファイルをwavファイルに一括変換できるおすすめソフト

所有している機器がm4aに対応していない場合には、音楽ファイル形式を汎用性の高いwavに変換する必要があります。ここでは、複数のm4aファイルをwavファイルに一括変換できるおすすめのソフトを紹介します。

M4A/WAV変換ソフト~DVDFab Toolkit

Toolkitは汎用性の高いオーディオやビデオ、画像編集ツールキットです。動画編集や画像の処理をはじめ、m4aファイルをwavフォーマットに変換するなど20種類以上の機能を搭載しており、動画やオーディオの編集が自由自在に可能です。プロのように動画やオーディオの編集及び変換をしたいという方におすすめです。

Toolkitでは「変換したい音楽ファイルを追加」「出力フォーマットを設定」「出力場所を選択」という3つのステップで簡単にm4aからwavにファイル形式を変換できます。無料体験版も用意されていますし、30日間の返金保証もあります。48時間以内に不具合を解消できるなどサポートも充実しているので、まずは試してみてはいかがでしょうか。

次のボタンをクリックしてToolkitをPCにダウンロードしましょう。

 Windows版を無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)

M4A/WAV変換ソフト~Videocruise

Videocruiseは、初心者でも簡単に動画編集が可能な動画編集ソフトです。動画・音声・画像すべての処理に対応していることに加え、ほとんどの機能を無料で利用できます。分割やクロップ、速度調整やフリップとミラーなどVideocruiseの様々な機能を駆使すれば、ホームビデオの作成から字幕制作、GIFから動画への変換などあらゆることが簡単に実現できます。

また、オーディオに関してもVideocruiseの多彩なツールを使えば、簡単なステップで音楽形式ファイルをm4aからwavに一括変換できます。

次のボタンをクリックすればVideocruiseを無料ダウンロードしましょう。

 Windows版を無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)

M4A/WAV変換ソフト~DVDFab 動画変換

DVDFab 動画変換」は、動画変換及び動画から音声を抽出するソフトとして知られていますが、実際に、音声フォーマットの変換もサポートされています。出力フォーマットは、M4A、AAC、AIFF、MP3、WAV、OGG、WMA 、FLACなどがあります。音声フォーマットを数秒で変換できるし、出力音声ファイルのコーデック、サンプルレート、チャンネル、ビットレート、分割、音量を自由に設定できます。

入出力できるファイルの対応範囲の広さが評判のソフト。M4AファイルからWAVファイルへの変換のみならず、さまざまなファイル形式の変換が可能です。 そのため今後ほかのファイル形式の変換を行いたくなった際も、「DVDFab 動画変換」ひとつで対応できます。

音声ファイルから音声ファイルへの変換だけでなく、動画ファイルも扱うことが可能な「DVDFab 動画変換」。動画ファイルから音声ファイルを抽出したり、YouTubeから入手した動画をスマートフォンに適したフォーマットに変換して快適に視聴したりと、幅広く役立てられます。

動画ファイルを扱う場合、

・クレジットやエンドロールの追加
・字幕の追加
・色調補正
・テロップやイメージの挿入
・不要な部分のカット
・ウォーターマークの追加
・ビデオエフェクト追加によるデコレーション

などの豊富な編集を行うこともできますよ。

スマホで撮った動画を編集したり、編集し終わった動画をスマホに転送したりすることもできるため、スマートフォンをメインで使用するユーザーから見ても便利です。

ユーザーにとっての使いやすさに徹底的にこだわった設計となっているため、詳細なチュートリアルなどがなくても直感的に操作が可能です。最適化された変換タスクによって高い変換スピードを誇っており、変換時の長い待機時間によるストレスもなくスムーズに変換できます。

また、動画変換サイトでは対応できないことも多い大容量のファイルにも対応しているため、大きなファイルを扱う方にもおすすめです。「試しに一度使ってみたい」という方は、まず体験版から使用してみてください。約1ヶ月間すべての機能を利用でき、その間料金は一切発生しません。

「DVDFab 動画変換」には全機能の体験版のほか、無料版・有料版のプランが用意されています。

有料版であれば、
・変換プロファイルの制限解除
・3つ以上の出力オーディオチャンネルへの対応
・出力ビデオチャンネルの制限が8Kまでに拡張
といった機能が追加されます。

ここからは、M4AファイルをWAVファイルに変換する操作方法を簡単に解説します。

ステップ 1: まずはDVDFab 動画変換の公式サイトからソフトをダウンロードして、コンピューターにインストールしてから起動します。

 Windows版を無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)
 Mac版を無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)

ステップ 2: トップ画面の上部メニューにある「変換」というアイコンをクリックすると、中央にプラスマークが表示されます。プラスマークをクリックし、任意のM4Aファイルを選択してソフト上にアップロードしましょう。

動画圧縮 フリーソフト

ステップ 3:結合やトリミングなどをする場合は動画編集ボタンを使って基本的な設定を行い、音量などを調整する場合は、「詳細設定」ボタンを使いましょう。

トランスコード

その後、プロファイルアイコンを選択します。こちらでは、変換後のファイル形式を選択できます。今回はWAVファイルに変換したいので「WAV」プロファイルを選択します。

動画圧縮 フリーソフト

ステップ 4:パラメータが設定できたら、画面下側の「保存先」から保存するフォルダを選択します。保存先を決定したら、最後に「開始」ボタンを選択。これでファイル形式の変換が開始されます。

変換中はタスクの進行状況を確認できるため、安心して待機することができます。

このように、「DVDFab 動画変換」はシンプルな操作でWAVファイルへの変換が可能です。海外のソフトですが日本語に対応しているため、外国語がわからなくてもスムーズに操作することができますよ。

!

購入Tips
上記ToolkitとVideoCruiseと動画変換を含む3-in-1セット製品であるDVDFab 動画変換 Proを購入すれば、単品価格10029円で3つの製品を手に入れます。
詳しくはhttps://dvdfab.co.jp/video-converter-pro.htmへ!もっと多くの割引情報はセールページへどうぞ!

M4A/WAV変換ソフト~RealPlayer

RealPlayerはm4aファイルをwav・MP3、AAC、RealAudioなど他の形式ファイルに変換できるソフトです。M4aファイル再生や編集もできるほか、AVI、FLV、MKVなどの動画ファイルの変換や動画から音声を抽出し変換することもできます。無料版もありますが、有料版の方がより多くの機能が備わっているためおすすめです。

M4A/WAV変換ソフト~Aiseesoft

Aiseesoftはm4a、wav、MP3、WMVなど300種類以上の動画・音楽フォーマットに対応している変換ソフトです。M4aからwavへの一括変換も簡単にできるほか、動画音声編集ソフトとして、ビデオ再生画質を強化したり、動画をカット・結合したりできる多彩な機能を搭載しています。Aiseesoftは使いやすいインターフェースとプレビューウィンドウを持っているため、初心者でも問題なく使えます。

M4A/WAV変換ソフト~AnyMP4 動画変換 究極

AnyMP4 動画変換 究極は、4K/1080p H動画をはじめ、m4a・wav・MP4・AVI・MKVなど500種類以上あるほぼすべての動画フォーマットに対応した動画・音声変換ソフトです。AnyMP4 動画変換 究極は、高速かつ無劣化でm4aファイルからwavに変換可能です。他にも、搭載されている機能を活用すれば動画から音声を抽出したり、DVDをリッピングしたりと、動画編集から音声ファイルの再生・編集が簡単に行えます。無料体験も可能なため、購入しようか迷っている方は、まずはお試ししてみるのもおすすめです。

M4A/WAV変換ソフト~Wondershare UniConverter(旧名:スーパーメデイア変換!)

続いてのおすすめソフトは、「Wondershare UniConverter(旧名:スーパーメデイア変換!)」です。わかりやすいインターフェースで操作性に優れており、簡単にファイル変換を行うことが可能です。

音声ファイルの出力時には、音声の一部カットや抽出、ビットレートやサンプルレートの変更といったこともできます。音声ファイルの変換だけでなく、動画ファイルの形式変換や動画編集といったことも可能です。そのほかオンラインの動画サイトから動画をダウンロードしたり、DVDを作成したりすることもできます。

「Wondershare UniConverter」は無料で使用可能なソフト。
ただし無料版の場合、
・オンラインサイトからの動画ダウンロードは5つまでしかできない
・3分の1の長さの動画しか変換できない
・そのほかさまざまな機能が利用できない
といった制限がつけられています。

制限を解除したい場合は、有料版を購入する必要があります。Windows版の個人向け有料プランは月額プラン・1年間プラン・永続ライセンスに分かれています。月額プランは2,780円、1年間プランは5,380円、永続ライセンスは8,280円で購入可能です(2022年1月現在)。

ここからは、「Wondershare UniConverter」を用いてM4AファイルをWAVファイルに変換する方法を解説していきます。

まずは「Wondershare UniConverter」をインストールし、起動しましょう。

続いて、変換したいM4Aファイルをソフト上に追加します。
ファイルは、画面上にファイルドラック&ドロップするか、画面左上のメディア追加ボタンをクリックしてファイルを選択することで追加できます。

続いては、「▼」ボタンをクリックしてメニューから「音声」を選び、「WAV」を選択します。
最後に右側の「変換」ボタンをクリックすれば、M4AファイルからWAVファイルへの変換が開始されます。

「Wondershare UniConverter」のダウンロードはこちらから
https://uniconverter.wondershare.jp/

M4A/WAV変換ソフト~TuneFab Apple Music 変換 ソフト

続いてのおすすめソフトは、「TuneFab Apple Music変換ソフト」です。M4Aファイルをさまざまな音声ファイルに変換することができるソフトです。WAVファイルのほか、FLAC、MP3、AAC、AIFFなどの豊富な形式に変換することが可能です。複数の音声ファイルを同時に変換できるため、スピーディにタスクをこなすことができます。また画面構成もシンプルなため、直感的に操作できるのも強みです。

製品には無料版と有料の製品版が存在します。無料版は30日間使用可能。こちらは料金なしで利用できますが、残念ながら大きな制限があります。
それは、1曲あたり3分間までしか変換できないという点です。

有料の製品版は、月間サブスクリプションが1,580円、永久ライセンスが4,980円、別ソフト「Spotify 音楽変換」とセットの買い切りタイプで7,168円です(2022年1月現在)。

さまざまな言語でのサポートが行われており、もちろん日本語にも対応しています。
ここからは、「TuneFab Apple Music変換ソフト」の使用方法を解説していきます。

まずは、「TuneFab Apple Music変換ソフト」を起動する前に扱いたいM4AファイルをiTunes内のライブラリに追加します。
iTunesのデータは「TuneFab Apple Music変換ソフト」に同期されるため、これでTuneFab Apple Music変換ソフトからM4Aファイルを選択できるようになります。

「TuneFab Apple Music変換ソフト」内で変換したいM4Aファイルを選択したら、「出力設定」の「出力形式」で「WAV」を選択します。
その後変換したファイルの出力フォルダを選び、最後に画面右下の「変換」をクリックしましょう。
これでファイルの変換が開始されます。

形式変換のタスクが完全に完了するまでは、iTunesを閉じないようにしてください。

「TuneFab Apple Music変換ソフト」のダウンロードはこちらから
https://www.tunefab.jp/apple-music-converter/

M4A/WAV変換サイト~Online Audio Converter(バッチ変換不可)

続いてのおすすめサイトは、「Online Audio Converter」です。
こちらは、今までご紹介したものとはソフトとは違いオンラインで使用できるサービスとなっています。M4AファイルからWAVファイルといった音声ファイル間の変換はもちろん、動画ファイルから音声データを抽出する機能も備えています。料金は一切かからないため、気軽に使用可能です。

そのほか変換後のファイルの品質を自由に選択したり、トラック情報を編集したりすることもできます。弱みとしては、「変換にかかる時間が長い」という点が挙げられます。
ここからは、「Online Audio Converter」を使用してM4AファイルをWAVファイルに関する方法について解説していきます。

まずは、「Online Audio Converter」のサイトにジャンプします。

「ファイルを開く」という大きな青いボタンをクリックし、変換したいM4Aファイルを選択します。
選択できたら、下のファイル名が並んでいる部分から「WAV」というボタンを選択します。

「品質」という項目では、変換後のファイルの品質を「エコノミー(64kbps)」から「最高品質(320kbps)」の中から選択することができます。

そのほか「詳細設定」では、ビットレートの固定/可変、サンプレート、チャンネル数などを設定可能です。
音声にフェードインやフェードアウトなどを加えることもできます。

「トラック情報の編集」では、ファイルのタイトルやアーティスト名、ジャンルといったものも入力できますよ。

すべての設定が完了したら、一番下の「変換」をクリックすれば変換が開始されます。

「Online Audio Converter」の利用はこちらから
https://online-audio-converter.com/ja/

Toolkit でm4aファイルをwavファイルに変換する手順

m4aファイルをwavファイルに変換できるソフトはいくつかありますが、ここではToolkitを使ってファイル形式を変換する方法を紹介していきます。

ソフトをダウンロード

まずはToolkitの公式サイトからソフトをダウンロードし、パソコンにインストールします。無料体験版もありますので、いきなり有料版を購入するのに抵抗のある方は無料体験版を試してみると良いでしょう。インストールボタンをクリックしたら、完了するまでしばらく待ちます。すぐにソフトを使う場合は、インストール完了後「今すぐ起動」をクリックしてください。

ファイルを開く

インストールが完了したらソフトを起動しましょう。Toolkitは独立した便利なツールで構成されており、簡単な手順で作業を進められます。音楽の形式ファイルを変換する場合は、オーディオツールの下にある「変換」をクリックします。画面が表示されたら中央にある「+」をクリックし、変換したい音声ファイルを追加してください。

出力フォーマットを選択し出力ファイルを設定

「出力」オプションから出力フォーマットを選びます。今回はwavに変換するため、wavを選択したら、出力音声ファイルのコーデックやサンプルレート、チャンネルやビットレートなどのオプション設定も行います。

保存先を設定し変換

下の方へ移動し、フォルダのアイコンをクリックします。すると出力ファイルの保存先を選べるため、設定したら「スタート」をクリックして変換タスクを開始します。以上がToolkitを利用して音声ファイル形式を変更する方法です。

Apple社が独自開発した音声ファイルであるm4aはマイクロソフトとIBMが開発したwavファイルに変換することで、様々な機器で再生できるようになるなど使い勝手が格段に向上します。また、wavファイルなら音声品質も劣化しないという優れた特徴もあるため、自身の音楽ファイル形式を変換したいと考える方もいるはずです。

ファイル形式を変換するなんて大変なのではと思われるかもしれませんが、今回紹介した動画・音声編集ソフトを使えば、簡単な手順で変換可能です。特にDVDFabのToolkitなら直感的に操作できるわかりやすいインターフェースなので、知識のない方や初心者の方でも無理なく簡単にファイル形式の変換が行えます。

無料体験版のほか、1ヶ月間版や無期限版もあるので、使用状況に合わせて利用できるのも魅力です。数あるm4aファイルをまとめてwavファイルに変換したいという方はぜひ試してみてください。

「M4Aファイルを再生したいけど、Apple社製品を所持していないため再生できない…」このような悩みを抱えたことはないでしょうか。一部の媒体でしか再生できないM4Aファイルは、WAVファイルに変換することで利便性がグッと高まります。この記事では、M4Aファイルを使い勝手のよいWAVファイルに変換するフリーソフト・サイトについて解説します。

まとめ 

この記事では、M4AファイルをWAVファイルに変換する方法について解説しました。M4AからWAVに変換するおすすめの方法は、フリーソフトまたはオンラインの変換サイトを使用することです。

M4AファイルをWAVファイルに変換したい方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね。