高画質と高音質に対応するのは優れたメディアプレーヤーに共通する基本的な要素でしょう。また、倍速やスロー再生、対応メディア形式は多いか…といった要素も考えなくなくてはいけません。この記事で、Mac用の最高のメディアプレーヤーのいくつかをご紹介していきます。

DVDFab プレーヤー6 for Mac

DVDFab プレーヤー 6 for Macは、は、Blu-rayやDVDをMacで再生したい場合におすすめのソフトです。最高の4K UHDメディアプレイヤー機能と4KウルトラHDブルーレイのHDR10をサポートし、再生エンジンが刷新されたため、より安定性や互換性が向上しています。PCとTV二つの再生モードを実装して、最適な視聴体験を提供します。調整可能なサムネイルで素早く目的のチャプターへ、自由度が高いプレイリストが作成されます。

  • 暗号化されたDVD/Blu-ray/UHD Blu-ray再生可能
  • DVD/Blu-ray/UHD Blu-rayをISOイメージファイルに変換してプレーヤーに導入
  • 殆どの動画/音声ファイルを再生可能
  • 3D動画再生可能
  • ローカルメディアを自動整理/管理、ポスターで表示
  • 倍速/スロー再生、スクリーンショット取るなど細かい機能が満載
  • 高速、DVD、Blu-ray、4k UHD Blu-rayのナビゲーションメニューに対応
  • ドルビー対応、HDR10効果で動画を再生

※DVDFab プレーヤー6のWindows版は既にPlayerFabに更新され、プレーヤー6のすべての機能を有する他、Amazonやnetflix、U-NEXTなどストリーミング動画の再生にも対応するようになりました。

次のボタンをクリックしてそれぞれWindows版のPlayerFabとMAC版のDVDFab プレーヤー6を無料ダウンロードしてください。

 Windows版を無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)
 Mac版を無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)

DVDFab プレーヤー6 for Macのいいところ

DVDFab プレーヤー6 for Macのいいところは以下の通りです。

・PC/TV再生モードを実装している

DVDFab プレーヤー6 for Macは、PC/TV再生モードを実装しています。再生環境が異なる場面でも快適に視聴できるようにするためです。小さい画面だけではなく大きい画面にも対応しているのは魅力的です。

・幅広いフォーマットをサポートしている

このソフトは、4K UHDやHEVCなどの幅広フォーマットをサポートしています。DVDやBlu-rayの再生はもちろんですが、MP4やMKV、VOB、M2TS、WMVなどに対応したソフトを探している人に適しています。

・メディアの整理や管理ができる

DVDFab プレーヤー6 for Macは、すべてのメディアファルのポスターをインターネットからダウンロードします。そして、グループ別に分けてくれるので、直感的に視聴したい作品を探せます。

DVDFab プレーヤー6 for Macの惜しいところ

DVDFab プレーヤー6 for Macには、製品版とUltra版があります。製品版だと、Blu-rayは通常再生のみ、3D再生は非対応となっています。一方でUltra版は4K Ultra HD Blu-rayや3D 再生対応にも対応しているため、すべての機能を使うにはUltra版の購入が必要不可欠です。

VLCメディアプレイヤー

VLCメディアプレイヤーは、Macで使える動画再生プレイヤーの中でも人気が高いソフトです。使い勝手の良さに定評があります。

Mac用のVLCムービープレーヤーは、おそらく時間の試練に耐えたビデオプレーヤーの1つです。Windowsプラットフォームで最も人気のあるビデオプレーヤーの1つで、Macユーザーにも同様に人気があります。その人気がある理由は、それがコーデックを必要とせず、完全に無料であることです。

4k プレーヤー 

Mac用のムービープレーヤーは、ブルーレイ再生もサポートしています。そのオープンソースのクロスプラットフォーム機能により、どのデバイスでもそれはいい選択肢になるはずです。また、Webチャンネルのストリーミングサービスにもアクセスできます。このツールは、映画やその他のビデオコンテンツのパフォーマンスを向上させるためのハードウェアデコード機能も提供します。また、従来のオーディオ/ビデオフィルタと字幕の同期機能も利用できます。VLCは素晴らしいMac用ビデオプレイヤーで、非常に人気があります。

VLCメディアプレイヤーのいいところ

VLCメディアプレイヤーのいいところは、YouTubeなどで配信されている動画も視聴できること、画質や音声の細かい調節ができること、幅広いファイル形式に対応していること、が挙げられます。YouTubeを視聴する機会が多い人や細かく調節をしたいと考えている人にとって、このソフトは最適です。

VLCメディアプレイヤーの惜しいところ

VLCメディアプレイヤーは、暗号化されたDVDやBlu-rayに非対応、そして日本語対応が上手くできていないという点が惜しいところです。日本語バージョンも存在していますが、公式サイトなどはすべて英語で書かれています。日本語に弱いことを念頭に置いた上で使用すれば、特に不満だと感じる部分はないと考えられます。

Elmedia Player

Elmedia Playerは、M1チップにも対応しているソフトです。幅広いメディア形式を再生可能となっています。

Mac用の最高のビデオプレーヤーの1つであるElmedia プレーヤー(Elmedia Player)は、幅広いビデオフォーマットのリストをサポートしています。ほんの数例を挙げると、AVI、FLV、MP4、MP3、MOV、DATなどに対応しています。

mac dvd プレーヤー

このソフトウェアは、オンラインで利用可能なコンテンツにアクセスするためにネイティブブラウザを利用することに注意してください。言うまでもなく、ユーザーは広告なしでお気に入りのコンテンツを見ることができます。それはまたユーザーにほとんどすべてのカスタマイズオプションを提供し、具体的に、それはスクリーンに合うようにビデオアスペクト比調整、10バンドイコライザー、ビデオチューナー、そしてとりわけカスタマイズ可能な再生速度などを含みます。

また、テレビでコンテンツをストリーミングするためのChromecastもサポートされているため、Mac OSでは多用途のビデオプレーヤーです。それはあなたが利用できるもう一つのMacビデオプレーヤーです。

Elmedia Playerのいいところ

Elmedia Playerは、MP4・MOV・MKV・AVI・WMVといった幅広い形式のファイルを再生できます。また、M1チップにも最適化しているので、最新機種を使っている人も問題なく使えるのはMacユーザーにとって魅力的なポイントになります。ASSやSMILなどの字幕サポートも含まれている点も、いいところの1つです。

Elmedia Playerの惜しいところ

Elmedia Playerは魅力的なソフトです。しかし、古いデバイスだとサポートが制限されてしまうのは残念だと感じてしまう人が多い要素になっています。

JustPlay

JustPlayはHD4KとUltraHD 8Kの互換性が高く、様々なサポートが含まれているソフトです。MacOSネイティブではないファイルもサポートしているので、幅広いファイルの再生が可能となります。

JustPlayのいいところ

JustPlayは、フットプリントが小さいのでストレージの容量を抑えられます。また、4Kや8Kの再生がシームレスに行えるのも魅力的です。タッチバーを統合するなどMacOSにも対応しているため、Macユーザーは使いやすいと感じられるでしょう。

JustPlayの惜しいところ

JustPlayの惜しいところは、無料版がないことやBlu-ray機能が制限されているといった点です。無料版で試してから製品版の購入を検討したいと考えている人は、デメリットが大きいと感じる可能性が高いです。

5KPlayerの特徴

5KPlayerは、AirPlayやオンラインビデオダウンロード機能(YouTubeやFacebookなどのサイトから音楽やビデオをダウンロードする)など優れた機能を有しているソフトです。Macでスムーズに動画を再生できるようになっています。

5K Playerは基本的に複数の機能を組み合わせたものです。HD Macビデオプレーヤー、音楽プレーヤー、AirPlayメディアストリーマ、およびオンラインビデオダウンローダーとして機能します。すべては1つにまとめられています。それは様々なビデオフォーマットをサポートしています。

dvd プレーヤー mac

このプレーヤーは、ほとんどすべてのオーディオ、ビデオ、またはその他のメディアファイルを簡単にサポートするための複数のコーデックがあります。このプレーヤーは、4K、5K、1080Pの解像度など、幅広いビデオ品質をサポートできます。簡単でシンプルなインターフェースにより、DVDの接続やインタラクティブラジオのオプションへのアクセスも可能です。ハードウェアアクセラレーション性能は、Mac OS X用の無料で最高のビデオプレーヤーのもう一つの利点です。

5KPlayerのいいところ

GPUアクセラレーション再生によりサイズが大きい4Kファイルも再生可能となっています。また、無料でダウンロードできるのも魅力の1つです。簡単なビデオ編集機能もあるので、ビデオをカットして共有したい場合などのも役立ちます。

5KPlayerの惜しいところ

5KPlayerは、セキュリティを強化するためにMac App Storeからインストールできないようになっています。しかし、Mac App Store以外でインストールするとアンインストールができなくなる場合があるので注意が必要です。

IINA

IINAは、Macユーザーのことをしっかりと考えて作られたソフトです。タッチバーのサポートやダークモードなどの互換性もあります。

IINAのいいところ

IINAは、ほぼすべてのファイル形式をサポートしています。また、直感的なブラウザ拡張機能も有しているため、使い勝手も良くなっています。字幕オプションが豊富に用意されているのも嬉しいポイントです。

IINAの惜しいところ

他のソフトと比べるとストレージやCPUが重たいのは残念だと感じてしまうポイントの1つになっています。また、10ビットH.265フルHDビデオを再生しようとした場合に不具合が生じるのも惜しいと感じられる要素です。

OmniPlayer

OmniPlayerは、Mac App StoreにあるMKVビデオプレーヤーです。他のファイルとの互換性が高いため、使っている人も多く見られます。スクリーンショット撮影やプレイリストなど充実した機能も有しています。

OmniPlayerのいいところ

バックグラウンド再生ができること、インターフェイスがわかりやすいこと、プレイリストの作成・編集・再生ができることは、OmniPlayerのいいところとして挙げられます。YouTubeビデオを直接ストリーミングしたり、FTPを介したリモートファイルを再生したりすることも可能です。

OmniPlayerの惜しいところ

無料版ではほとんどできることがない、OmniPlayerならではのハイレベルな機能がないといった部分は、惜しいところとして挙げられます。無料版で色々な機能を使ってみたい人やOmniPlayerならではの独自機能を期待している人は、使ってみると残念だと感じてしまう可能性が高いです。

Cisdem Video Player

Cisdem Video Playerは、Mac用の無料ビデオプレーヤーです。MP4やMKV、AVI、MOVなど主要なファイル形式に対応しています。

Cisdem Video Playerのいいところ

Cisdem Video Playerは、1080pから4K、5K、そして8Kまでスムーズに再生可能となっています。50を超えるファイル形式をサポートしているので、様々なファイルの再生に役立ちます。外部字幕ファイルを後から追加したり、有料版ではビデオファイルタイプを変換できる機能も備わっているので非常に便利です。

Cisdem Video Playerの惜しいところ

Mac App Storeからダウンロードできないことやインターフェイスが古くて上手く動作しないことがあるといった点は、惜しいと感じてしまう要因になります。また、Apple Siliconとの互換性はまだ更新されていないのでありません。

QuickTime Player

 

QuickTime Playerは、Macの純正プレイヤーです。外部からインストールする必要がないため、安心して使えると感じる人も多いです。ウイルスなどの危険もなく、機能性が高いため、十分使えるソフトだと言えます。

これは、アップル会社がそのデバイス用に開発および設計するものですから、Macに最適で最高のビデオプレーヤーです。幅広いビデオフォーマットやファイルに対応しています。また、それは高級なビデオ圧縮技術を提供します。

4k メディア プレーヤー

ビデオ圧縮テクノロジにより、帯域幅の利用率とストレージ管理が向上します。MPEG、MP3、DV-DIF、WAV、およびAIFFなどの形式がサポートされています。QuickTime PlayerがAppleの主力ビデオプレーヤーであり、エコシステムをよく理解しています。非常にシンプルでスムーズに利用でき、更に動画の編集と変換ができます。

QuickTime Playerのいいところ

QuickTime Playerは、Macの純正なのでインターフェイスが非常にシンプルで使いやすくなっています。動画再生だけではなく、共有機能によって他のツールやデバイスに送信することもできるのです。

動画再生はもちろんですが、録音や編集ができること、編集機能が充実していること、といったメリットも有しています。本格的な映像編集ではなく、簡単な加工や編集を行いたいのであればQuickTime Playerで十分です。

使い方もシンプルなので、迷うこともありません。MacユーザーならまずはQuickTime Playerを使ってみても良いでしょう。映像や音声の再生、収録など基本的な機能は持ち合わせているので、有能だと言えます。

QuickTime Playerの惜しいところ

QuickTime Playerは、Macユーザーにおすすめしたい純正ソフトです。しかし、いいところだけではなく惜しいところもあることを忘れてはいけません。QuickTime Playerの惜しいところは、再生可能なファイル形式が少ないという点です。

ビデオファイルを扱うための優れたオプションであるMPlayerXは、特にMacユーザー向けに設計されています。実際、Macユーザーの多くは、それがMac用の最も好ましいビデオプレーヤーの1つであると考えています。

MPlayer

4k uhd bd プレーヤー


字幕サポートは、字幕のサイズを変更できるため、最も気に入った機能の1つです。Mac用のビデオプレーヤーはFFmpegとMPlayerを備えているため、事実上あらゆるファイル形式を処理できます。また、このソフトウェアを使ってお気に入りのオンラインビデオを見ることもできます。 MPlayerXはApple Remotesもサポートしています。

動画再生プレイヤーにとって、再生できるファイル形式が少ないのは大きな欠点だと感じてしまう人もいるでしょう。しかし、決まったファイルしか再生しないなら問題はありません。幅広い使い方をしたいと考えている場合は大きなデメリットになりかねないので注意しましょう。

Macで動画を再生するためのソフトは様々な種類があります。対応しているファイル形式などを確認し、使い勝手が良いものを選ぶことが大切です。数あるソフトの中でもDVDFab プレーヤー6 for Macは特にメリットが多いため、迷っている場合はぜひ利用を検討してみてください。

RealPlayer

RealPlayerは、長い間動画を再生するための優れたソフトの1つであり、今日でも人々に信頼されているものです。あらゆるビデオフォーマットをサポートしており、ほとんどのビデオおよびオーディオフォーマットをすぐに認識できます。

mac ビデオ プレーヤー

サポートされているフォーマットの一部には、.avi、.mp4、.mp3、.wma、.wav、.flv、およびMPEGがあります。ビデオをクラウドに保存したい場合はRealCloudオプションを選択することもできます。友達とコンテンツを共有できます。しかし、その素晴らしい機能を生かすには、たくさんの設定を装備したマシンが必要がとなります。

まとめ

以上はMac用の最高のビデオプレーヤーのベストリストでした。私たちは、確かにこれまで最高の機能と機能を備えたリストをあなたに提供しました。ここで紹介されているプレーヤーのほとんどは、ビデオプレーヤーfor Macとして世界中の何千人もの映画愛好家によって広く使用されています。特にDVDFab プレーヤー 5 for Mac、評判がいいです。上記の紹介から、どのMac用のムービープレイヤーが最適なのかを知っているべきです。また、さまざまなビデオ入力をMacでMKV、MP4、AVIなどに変換しますか?トップ8 Mac用のビデオ変換ソフトを参照してください。